文字サイズ

美術部

見出し

 美術部では、主に絵を描いたり工作などをしますが、顧問との相談のうえで自分がやってみたいと思うことは積極的に取り組ませてもらえます。
 たとえば、着ぐるみを作ったりせっけんを作ったり、さまざまなことができます。長期休暇には七宝焼きや陶芸なども体験できます。

 毎年2月、4月に実施される高校生の美術展覧会にも出品します。そのほかには文化祭にも作品を展示します。
 また、年末には川越市内にある川越八幡宮に、翌年の干支の動物を描いた「巨大絵馬」を制作し奉納します。
 川越市内においても非常に注目を集める取り組みで、部員全員で一生懸命制作に携わっています。
活動日4日 ⁄ 週 
活動場所美術室
在籍数16名(平成28年4月現在)

平成28年度 大会結果・活動実績

川越八幡宮〈巨大絵馬〉 奉納

   美術部が、2016年12月3日(土) に川越市南通町の川越八幡宮敷地内に毎年掲出される〈巨大絵馬〉を制作・奉納しました。

  毎年恒例となった〈巨大絵馬〉は、縦4.5メートル、横5.4メートルのベニヤ板に来年の「えと」の酉の絵が描かれ、市立川越第一中学校美術部との共同制作で完成しました。

   昨年同様、本校美術部員は今年夏から制作に取り組み、〈巨大絵馬〉を完成させました。

   地域メディアの関心も高く、NHK・朝日新聞・埼玉新聞・読売新聞・J:COM の記者・カメラマンの皆さんから取材を受けました。

   〈巨大絵馬〉は、同神社に隣接する市道脇に設置され、来年(2017年)12月まで掲出されます。夜間はライトアップもされる予定です。

  12月3日の NHKニュース(地域版)でも、〈巨大絵馬〉奉納の様子が放映され、5日(月)以降はJ:COM でも放送される予定です(川越エリア中心)。

   川越八幡宮にお越しの際には、ぜひご覧ください!


〈奉納式〉




大手メディア各社から取材を受けました


川越八幡宮で ぜひご覧ください!
2016.12.04