文字サイズ

オーディオビジュアル部

見出し

  オーディオビジュアル部では、映像の撮影・編集、音響編集等、映像作成に関わる活動を行っています。
   また、さまざまな部活動の大会に帯同して撮影した映像の編集、文化祭や体育祭などの学校行事を撮影した映像を編集したものを、Youtube 「山学チャンネル」にて配信もしています。

   全国大会としての高校生対象映像コンペティション「高校生映画コンクール(映画甲子園)」にも、2009年度より出品し、その年には「環境映像部門」で金賞(全国第1位)を獲得。
   以降も毎年入賞を継続しており、2016年度大会では「品評部門」にて『だから、俺は。』を出品。「優秀作品賞(準優勝相当)」を受賞し、その作品モチーフについて朝日新聞で特集記事が組まれました。

   メディア出演としては、日本テレビ系列で放送された「動画甲子園」【2017年12月17日(日)放送】で、特殊なストップモーション動画を番組で披露。
   放送後の反響も大きく、話題を呼びました!

   撮影機材も充実しており、プロ仕様のビデオカメラ(4K映像)、クレーンカメラ、ドローンカメラなども駆使して撮影を行います。
   映像・音響編集を通じて自己表現をしてみたいと考える人に最適です。
   
活動日コンクール出品作品撮影時・学校行事撮影時等
活動場所本校校舎内
在籍数10名(平成29年4月現在)

活動実績

〈日本テレビ 企画番組「動画甲子園~高校生映像コンテスト」〉 出演!

   オーディオビジュアル部が、12月17日(日)放送の「動画甲子園~高校生映像コンテスト~」に出演!

   全国から8校の高校が選抜され、高校ごとに動画を作成、発表し、その内容について古坂大魔王さん・高橋ひかるさん・山崎貴さん(映画監督)【※50音順】が各校ごとに審査しました。

   オーディオビジュアル部は、「ストップモーション動画」を作成。ゲスト審査員の皆さんからは「シュール感がある」との評をいただきました。

   8校それぞれが個性豊かな作品を発表し、高校生らしさがあふれた番組となりました。

   番組関係者・スタッフの皆さま ありがとうございました!

2017.12.18

〈高校生 eiga worldcup 2017〉 「自由部門」佳作入賞

   オーディオビジュアル部が、〈高校生 eiga worldcup 2017〉(映像コンペティション)にて、今年も一次審査を通過し、最終審査会に進出。

   12月10日(日)に〈表彰式・格付け審査会〉(東京大学・情報学環・福武ホール)が実施され、オーディオビジュアル部の作品は「自由部門」の「佳作」として入賞しました。

   今回の作品コンセプトは、「正義・諦めない心」。題名は「学園検事」。
   全体で20分の映像では、推理ドラマの雰囲気を醸しながら「正義感」や「諦めずに前に進む」気持ちを表現しました。

   最終審査は、映像・脚本・演出・プロデューサーなどの専門家により行われ、今回「佳作」の受賞となりましたが、最優秀作品賞の評価までにはまだ及ばず、さらなる企画・表現の工夫の必要性を感じました。
   具体的には、高校生の視点から現代社会のさまざまな様相を捉えなおし、映像として表現したい事柄に焦点を当て、訴求性のある作品を発表していきたいと思います。

2017.12.10

●受賞作品公開●
(随時掲載します)

高校生映画コンクール (映画甲子園)
2010
環境映像部門
優秀賞

ダスト・ラン
  〈2010 全国高校生映画コンクール(映画甲子園)〉にて優秀賞を受賞した作品です。

 なお、この作品は〈2010 全国高校エコアクションプロジェクト〉の「環境映像部門」関東地区代表にも選出されました。