文字サイズ

ソフトボール部 〈平成24年度実績〉

■埼玉県高体連ソフトボール新人大会西部地区2次予選会
    平成24年10月30日 狭山上奥富グラウンド


   県大会出場決定!

   山村学園 ○ 12 (5回コールド) 5 川越総合
   山村学園 ○ 12 (6回コールド) 5 狭山清陵

   初回に連続エラーから5点を先行されましたが、その後毎回得点を重ね劣勢を挽回。次第に調子を取り戻し得点を重ね、5回裏12点目を得点した時点で、コールド勝ちを収めました。(VS 川越総合高校)

   立ち上がりの悪さから1•2回で4点を先取され追いかける展開に。その後4回に追い付き、6回裏7点差をつけコールド勝ちで県大会の切符をつみました。(VS 狭山清陵戦)



■埼玉県高体連ソフトボール大会西部地区1次予選会
   平成24年8月21–23日 狭山上奥富グラウンド

   西部地区 ベスト8

   山村学園 ○ 6 – 5 所沢西
                ○ 9 – 2 朝霞西
                ● 1 – 11 細田学園
   シード校を破り、決勝トーナメントに出場しました。この夏の厳しさを乗り越え、心技ともに成長しています。2次予選を突破し、県大会に向けて頑張ります!


■埼玉県私学ソフトボール大会
   平成24年8月1–3日 戸田道満球場

    2部 優勝
   
    山村学園 ○ 6 – 5 春日部共栄
    山村学園 ● 0 – 10 星野
    山村学園 ○ 8 – 7 浦和実業
    山村学園 ○ 11 – 3 春日部共栄
    山村学園 ● 5 – 8 武蔵越生

ソフトボール部



■高校総合体育大会埼玉県大会
   平成24年6月11日 熊谷荒川緑地公園グラウンド

   [1回戦]
   山村学園 9 - 7 市立川越

   強豪 市立川越高に6点リードされるも、6回表に1点差に追いつき、3番 木村選手の満塁ホームランで大量9点をとり勝利を収めました。

 [2回戦]
 川越総合 3 - 2 山村学園

   一進一退の攻防のなか、延長戦に突入し、タイブレークの結果、一歩及ばず敗退。
  エースでキャプテンの石田選手はたった一人の3年生。最上級生の重責と昨年12月に負った膝の大ケガを抱えながら2試合を投げ切りました。
  今まで勝つことのできなかった市立川越高に対し、「石田センパイのために」を合言葉に1•2年生13名が心を一つに最後まであきらめずに戦った結果がここに出ました。






■平成24年度学校総合大会兼全国大会埼玉県西部地区予選会
  平成24年4月24•25日 狭山市上奥富運動公園

    1回戦 山村学園 11 – 7 川越総合
    2回戦 18 – 1 入間向陽
    3回戦 1 – 8 市立川越

    県大会出場ならず