文字サイズ

硬式野球部

見出し

   硬式野球部は、山村学園高校が男女共学となった2008年に創部されました。
   当初は人数もわずかで、活動場所もさまざまな制約があったために、思うような活動ができない時期もありましたが、地道な努力を継続して着実に実力を高めてきています。
   2011年には〈野田グラウンド〉が完成し、練習環境も格段に良くなりました。
   それにより実績も出てきています。2013年には秋季県大会に初出場、2015年の同大会ではベスト8進出、2016年の春季県大会ではベスト4進出、2017年の全国選手権大会(甲子園大会)県予選ではベスト4進出を果たし、埼玉県内の甲子園出場経験校とも互角の試合ができるまでになりました。
 今後も油断することなく地道な努力を重ねて、甲子園大会出場という夢を部員全員でつかみます。
活動日毎日
活動場所野田グラウンド
朝練あり
在籍数男子のみ (女子マネージャー7名)
97名(平成30年4月現在)

2019 大会結果・活動実績

〈2019 第71回 春季関東地区 高校野球大会〉 ベスト4進出!

   〈2019 第71回 春季関東地区 高校野球大会〉に出場し、東京都の国士舘高校と対戦しました。
3回戦
山村学園 10 – 5 国士舘

3回戦
高校
3
国士舘
0

山村学園
×
10

   3回に5点を先制したものの、すぐに3点を返され、中盤以降の試合運びが試される展開となりました。
   6回にも追加点を加えることができましたが、終盤の失点で徐々に点差を縮められる状況に、全国レベルのチームの迫力を実感する試合でした。

   試合全体を振り返ると、先発の小泉投手が全力投球で4回を3失点でしのぎ、和田投手も3連投をものともせず安定した投球で4回を1失点と好投し、最終回は河部投手が役割を果たしました。
   攻撃陣も先発全員を含む12安打を放ち、強豪校を相手に勝利を収めることができました。

   春季関東大会初戦から実績・実力ともに格上のチームとの対戦が続いていますが、毎試合が硬式野球部にとって貴重な経験であり、得られた課題は夢を実現するための方向性を示唆するものとなります。
   明日で4連戦となりますが、改めて慢心・油断をすることなく、全国レベルのチームと試合を行うことができる機会と硬式野球部への温かいご声援に深く感謝しつつ、迷いなく惜しみなく全力で相手と向き合うのみです。

   準決勝は、2015年の全国高等学校野球選手権大会で優勝した神奈川県の東海大学付属相模高校が相手となります。
   5月21日(火) 埼玉県営大宮公園野球場にてAM10:00開始です。(日時は予定です)

 硬式野球部へのご声援をよろしくお願いいたします。


先発 小泉投手 (1年生)


和田投手


河部投手
















保護者の皆さまへのあいさつ
2019.05.20

〈2019 第71回 春季関東地区 高校野球大会〉 ベスト8進出!

   〈2019 第71回 春季関東地区 高校野球大会〉に出場し、千葉県習志野市立習志野高校と対戦しました。

2回戦
山村学園 13 – 2 習志野

2回戦
高校
3
山村学園
0



13
習志野



   序盤からチームの持ち味が発揮できた試合でした。
   攻撃陣は小林選手の本塁打を含む長打・単打合わせて16安打を放ち、投手陣では和田投手が6回2失点と力投し、勝利を収めることができました。

   初戦から実績・実力ともに格上のチームとの対戦が続きますが、硬式野球部にとっては試合を通して得られるものすべてが貴重な経験です。
   明日も試合が続きますが、慢心や油断をすることなく、経験豊かなチームと試合を行うことができる機会と硬式野球部への温かいご声援に深く感謝しつつ、思い切りよく試合に臨み、さらなる上位を目指すのみです。

   3回戦は、東京都の国士舘高校が相手となります。
   5月20日(月) 埼玉県営大宮公園野球場にてAM10:00開始です。(日時は予定です)

 硬式野球部へのご声援をよろしくお願いいたします。 




















メディア取材


保護者の皆さまへのあいさつ


(左)小林選手 ホームランボール
(右)ウイニングボール
2019.05.19

〈2019 第71回 春季関東地区 高校野球大会〉 初戦突破!

   〈2019 第71回 春季関東地区 高校野球大会〉に出場し、茨城県立水戸商業高校と対戦しました。

1回戦
山村学園 6 – 5 水戸商業

1回戦
高校
3
水戸商業
0

山村学園

    初回に先制されましたが、6回に橋本選手の本塁打などで逆転に成功。しかし7回に再逆転され、試合終盤での実力が試される展開となりました。
   そのような場面でチームは粘り強く攻守に臨み、9回に平野選手のタイムリーで得点を挙げて初戦を制することができました。

   注目度が高い公式大会で、実力・実績が十分なチームに対して苦しみながらも初戦に勝利を挙げられたことは、硬式野球部にとって大きな自信となりました。
   しかし慢心することなく試合結果の分析を行い、次戦に活かしていきます。

   2回戦は、今春の選抜甲子園大会で準優勝の成績を収めた千葉県の習志野市立習志野高校が相手となります。
   5月19日(日) さいたま市営大宮球場にてAM10:00開始です。(日時は予定です)

 硬式野球部へのご声援をよろしくお願いいたします。 




(左)和田選手
(右)河部選手




橋本選手 6回逆転本塁打






9回裏 ホームイン




2回戦へ




保護者の皆さまへのあいさつ


メディア取材


ミーティング
2019.05.18

〈2019 第71回 春季関東地区 高校野球大会〉 組み合わせ決定

   〈2019 第71回 春季関東地区 高校野球大会〉 組み合わせが決定しました。

   初戦は茨城県大会で第2位の成績を収めた水戸商業高校です。
   5月18日(土) 上尾市民球場にて PM12:00 開始です。(日時は予定です)

 硬式野球部の新たな歴史を作るべく、全力で試合に臨みます。
 皆さまのご声援をよろしくお願いいたします。
2019.05.06

〈2019 春季 埼玉県高校野球大会〉 第3位!

   〈2019 春季 埼玉県高校野球大会〉3位決定戦に出場し、東京農業大学第三高校と対戦しました。  
3位決定戦
山村学園 7 – 3 東農大三

準決勝
高校
3
東農大三
0

山村学園
×

   初回は失策に乗じて4点を先制し、以降も中盤・終盤に得点を重ねて勝利することができ、第3位の成績を収めました。

   投手陣では小泉投手・河部投手・伊織投手が粘り強く投げ、攻撃陣は12安打を放ち、攻守ともに各自が役割を果たしました。

   初出場となる〈春季 関東大会〉まで約2週間ありますが、これまでの試合で得られた課題をチーム全体で共有し、その解決に向けて努力を重ねていきます。

  〈春季 関東大会〉では、埼玉・東京・神奈川・千葉・茨城・栃木・群馬・山梨の1都7県からそれぞれの都・県大会を勝ち抜いた上位校が集結し、優勝を目指して競い合います。
   実績・実力が十分なチームとの試合になりますが、上位を狙い、硬式野球部の新たな歴史を作る決意です。

   硬式野球部の初戦は、茨城県大会で第2位の成績を収めた高校が相手となります。
   5月18日(土) 上尾市民球場にてPM12:00開始です。(日時は予定です)

 ご声援をいただきました保護者の皆さま、大会関係者の皆さまにもさまざまなご配慮をいただきましたことを、御礼申し上げます。




小泉選手


河部選手


伊織選手










第3位
関東大会では実力を出し切ります!
2019.05.05

〈2019 春季 埼玉県高校野球大会〉 3位決定戦へ

   〈2019 春季 埼玉県高校野球大会〉準決勝に出場し、春日部共栄高校と対戦しました。  
準決勝
山村学園 1 – 5 春日部共栄

準決勝
高校
3
春日部共栄
0

山村学園
0

   初回に本塁打による失点を喫するも、すぐに同点とし、一進一退の攻防が続きました。しかし4回の3失点が終盤まで響き、攻守とも奮闘しましたが初の決勝進出はなりませんでした。

   今春の全国選抜高校野球大会出場校の実力を実感する試合になりましたが、この結果を詳細に分析し、チームの全体値を向上させる手立てにします。

   今回の春季県大会は、3位決定戦が実施されます。
   3位決定戦は東京農業大学第三高校が対戦相手となります。
   5月4日(土) 埼玉県営大宮公園野球場にてAM10:00開始です。(日時は予定です)
   春季関東大会に向けて大事な試合です。皆さまのご声援をよろしくお願いいたします!



先発の伊織投手


橋本捕手


1回裏攻撃
 橋本選手のタイムリーで平野選手がホームイン






応援にはバトン部・吹奏楽部が参加
2019.05.03

〈2019 春季 埼玉県高校野球大会〉 ベスト4進出! 関東大会へ!

   〈2019 春季 埼玉県高校野球大会〉4回戦に出場し、西武台高校と対戦しました。 
4回戦
山村学園 2 – 0 西武台

4回戦
高校
3
西武台
0
0
0
山村学園
0
×

   初回に先制点を挙げましたが、以降追加点がなく緊迫感のある攻防が続きました。7回裏に小林選手のソロホームランで加点し、和田選手も9回完封の好投で勝利を収めることができました。

   この試合結果により、硬式野球部は創部以来初の「関東大会」出場を決めました!

   これまで、春・秋の関東大会出場のチャンスを目の前にしながら、あと一歩のところで手が届きませんでした(2016年 春季県大会 準決勝2017年 秋季県大会 準決勝2018年 春季県大会 準決勝)。
 この壁を乗り越えるべく、チーム一丸となって課題解決に取り組み、今大会では硬式野球部が掲げる目標のひとつである「関東大会出場」を実現することができました。

   しかし、試合はまだ続きます。試合終了後に行われたミーティングでも、「ここで満足するのではなく貪欲にさらなる上位の成績を目指すのみ。」ということをチーム全員で共有しました。

   準決勝は今春の全国選抜高校野球大会出場校の春日部共栄高校が対戦相手となります。
   5月3日(金) 埼玉県営大宮公園野球場にてAM10:00開始です。(日時は予定です)
   上位進出を目指し、チーム一丸となって試合に臨みます。
   皆さまのご声援をよろしくお願いいたします!

2019.04.29

〈2019 春季 埼玉県高校野球大会〉 ベスト8進出!

   〈2019 春季 埼玉県高校野球大会〉3回戦に出場し、川口市立高校と対戦しました。
3回戦
山村学園 7 5 川口市立

3回戦
高校
3
川口市立
山村学園
0
×

   中盤までリードされる展開となりましたが、終盤の追加点で逆転し、伊織選手・和田選手・河部選手の力投で勝利を収めることができました。

   4回戦は西武台高校が対戦相手となります。
   29日(月) 上尾市民球場にてAM10:00開始です。(日時は予定です)
   関東大会出場を目指し、チーム一丸となって試合に臨みます。
   皆さまのご声援をよろしくお願いいたします!
2019.04.27

〈2019 春季 埼玉県高校野球大会〉 ベスト16進出!

   〈2019 春季 埼玉県高校野球大会〉2回戦に出場し、秀明英光高校と対戦しました。
2回戦
山村学園 4 –
3秀明英光
 
2回戦
高校
3
10
11
12
山村学園
0
秀明英光
0

   昨年の秋季県大会ベスト8の成績により、今大会は2回戦からの出場となりました。

   延長12回まで緊迫した攻防が続きましたが、小泉選手・河部選手・伊織選手の投手リレーを中心に競り勝つことができました。

   3回戦は川口市立高校が対戦相手となります。
   27日(土) 熊谷運動公園野球場にてAM10:00開始です。(日時は予定です)
   上位進出を目指し、チーム一丸となって試合に臨みます。
   県大会でも皆さまのご声援をよろしくお願いいたします!
2019.04.24