文字サイズ

合唱部

見出し

   合唱部の活動内容は、姿勢の保ち方から始まり、発声、個人練習、パート練習、全体練習が主体となります。
   現在はポピュラーソングを中心に、童謡なども歌います。人数は少ないですが、気持ちを合わせた合唱はとても楽しいものです。
   経験を問わず、歌うことが好きな人、ピアノに関心がある人などは合唱部に来てください。
活動日1日 ⁄ 週
活動場所本校校舎内
在籍数7名

活動内容

大会結果・活動実績

〈第50回 川越市合唱祭〉

   11月10日(日)に実施された〈第50回 川越市合唱祭〉(ウェスタ川越)に出場しました。

   ウェスタ川越で開催された〈第50回 川越市合唱祭〉に、本校の合唱部5名が参加しました。合唱部はこの川越市合唱祭には初参加となります。川越市合唱連盟に参加している団体のほか、川越市立第一小学校、川越市立城南中学校の皆さんも招待校として参加をし、49団体という多くの団体の発表が行われました。

 本校の曲目は、今年度のふじぞの祭ステージでも発表をした『RAIN』(SEKAI NO OWARI)、『ぜんぶ』(さくらももこ作詞)の2曲で、4月から指導を頂いている外部コーチの野島万里子先生の伴奏のもと、歌唱を行いました。5名という少人数ながら、丁寧に、明るく、そして力強く歌い上げ、この合唱祭の講評を行った大貫浩史先生、大熊崇子先生にもお褒めの言葉を頂きました。

   また、今回は川越市合唱祭第50回の記念として、男声、女声、混声の記念ステージが設けられ、本校の生徒も参加をしました。曲目は、男声合唱は『「月光とピエロ」より 秋のピエロ ピエロ』、女声合唱は『落葉松』、混声合唱は『Hallelujah』で、特に混声合唱は200名以上の大合唱となり、非常に迫力がありました。本校も初出場ながらこの記念ステージに参加できたことは、大変貴重な経験となりました。関係者の皆さまに感謝いたします。

   これからも練習を積み重ねて、さまざまなイベントに参加していきたいと思います。



2019.11.12

〈2019 川越市総合文化祭〉

   6月23日(日)に実施された〈川越市総合文化祭2019〉(ウェスタ川越)の特別ステージに立ちました。

   この特別ステージは、来年に迫った「東京オリンピック 2020」への機運醸成を図るためのもので、本校のほかに川越高校、川越東高校、川越女子高校、川越西高校の生徒の皆さん総勢約100名が出演し、「オリンピック賛歌」、「愛は花、君はその種」を合唱しました。

   22日・23日の2日間にわたって開催された〈川越市総合文化祭2019〉の最後の演目でもあり、総勢約100名による合唱は聴衆を魅了し、歌唱後には多くの観客から盛大な拍手をいただきました。

 本校の現在の1~3年生の部員(5名)は、このような大きなステージで大勢で歌唱をするのは初めてでしたが、非常に堂々としていました。大変貴重な経験になったと思います。
また、他校のレベルの高さにも刺激を受けたと思います。今回の経験を生かし、今後の練習にさらに力を入れていきます。

   このような機会を提供してくださった〈川越市総合文化祭2019〉実行委員会・川越市文化スポーツ部文化芸術振興課の皆さま、ご来場いただいた保護者の皆さまに感謝いたします。ありがとうございました。



2019.06.25