剣道部

見出し

   インターハイ・関東大会を目指し、日々厳しく充実した練習を行っています。
  稽古内容は、切り返し、打ち込み、かかり稽古を中心としています。
   剣道の理念にのっとり、日々の厳しい練習を通して、社会で活躍できる人間形成を目指しています。
   経験のある方はいつでも練習に来てください。
活動日6日 ⁄ 週 
活動場所月吉グラウンド(月吉体育館)
在籍部員数45
顧問
男子監督
金野 裕二
経歴
東海大学附属 相模高等学校  
国士舘大学 体育学部 武道学科

2020 大会結果・活動実績

剣道部 〈月刊 『剣道時代』2020年 7月号〉に登場!

   剣道部が〈月刊 『剣道時代』2020年 7月号〉に登場!

   剣道部は、2020年1月25日(土)・26日(日)に実施された〈2019 第32回 県民総合体育大会 兼 第66回 埼玉県高等学校剣道新人大会〉(埼玉県立武道館)において【男子団体の部】で準優勝の成績を収め、3月の〈全国選抜剣道大会(愛知県)〉への初出場が決定していました。
   顧問も部員も、これまでの練習の成果を存分に発揮する意気込みでしたが、「新型コロナウイルス」感染症拡大防止対策により、大会は中止となりました。

   ここ数年で着実に実力を高め、2020年はより一層の飛躍を誓う剣道部にとっては、この件はやはり大きな出来事でした。
   しかし現在は気持ちを切り替え、部活動の再開に向けてのモチベーションアップを図っているところです。
   そのさなかに〈月刊 『剣道時代』〉様より記事取材があり、未来を見据えた剣道部の様子を特集していただきました。

  〈月刊 『剣道時代』2020年 7月号〉では、剣道部の活躍・顧問・部員のインタビューなど、綿密な取材に基づいた読みごたえのある記事が掲載されています。
   そしてこのたび〈月刊 『剣道時代』〉様より一部記事の掲載のご許可をいただきましたので、記事へのリンクを以下に記載します。
   剣道部の記事全体(P.106・107/P.111)については〈月刊 『剣道時代』2020年 7月号〉をぜひご購入いただき、ご覧ください。

   記事掲載に関してご配慮をいただきました〈月刊 『剣道時代』〉関係者の皆さまに深謝いたします。ありがとうございました。

剣道部 記事
2020.06.03