文字サイズ

ニュース

硬式野球部 〈2016 春季 埼玉県高校野球大会〉 惜敗

部活動News
   硬式野球部が、〈平成28年度 春季 埼玉県高校野球大会〉に出場し、Aシード校の花咲徳栄高校と対戦しました。
   
〈平成28年度 春季 埼玉県高校野球大会〉
山村学園 2  – 3 花咲徳栄

準決勝
高校
花咲徳栄
山村学園

   山村学園は2回表に2点を先制され、5回表にも盗塁と失策により1点を追加され、3点を追いかける展開となりました。
   今春の選抜大会出場校で県を代表する強豪校を相手に苦しい状況になりましたが、5回裏 ツーアウト1・2塁から山本選手のセンター前ヒットで1点を返し、後半での逆転をうかがいます。

   6回以降は佐々木投手の力投と守備で相手の好機を封じ込め、最終回まで無失点で切り抜けることができましたが、攻撃面では追加点が奪えないまま最終回を迎えます。

   しかし山村学園ナインは最後まで試合をあきらめることなく、強豪校を相手に本気で逆転を狙っていました。

   9回裏、菊地選手が冷静にフォアボールを選び、続く日置選手はレフト前へのクリーンヒットでノーアウト1・2塁とし、この試合で一番の好機を演出。
   佐々木選手が犠打を確実に決め、ワンアウト2・3塁とし、続く島崎選手の強打はファーストに好捕されましたが、その間に3塁走者の菊地選手がホームイン。1点差に詰め寄り、ツーアウト3塁。
   この局面ではスタンドも大いに沸き、一打同点の好機が続きましたが後続の攻撃を断ち切られ試合終了となりました。

   山村学園 硬式野球部にとっては、今大会において創部初のベスト4進出を果たすことができましたが、試合を重ねるごとにさまざまな課題を見つけることができました。
   県内有数の強豪校との対戦も続き、その試合を通じて「壁の高さ」も実感できました。

   今大会はベスト4で試合を終えることになりましたが、得ることができたさまざまな課題を克服し、次の試合に必ず活かし、「高い壁」を突き破っていきます。

   この試合まで温かいご声援を送っていただきました皆さまに、心から感謝いたします。
   これからも、山村学園 硬式野球部への鼓舞激励を、ぜひお願いいたします!

   また、今大会へ応援にご来場いただきました保護者の皆さま、そして卒業生・在校生の皆さん、本当にありがとうございました。
   皆さまのご声援が、硬式野球部の快進撃の原動力となりました。

   そして、試合を通じて他校野球部の皆さんとも交流を図ることができ、これも貴重な経験となりました。
  さらに、大会関係者の皆さまにも多大なご配慮をいただきましたことを、御礼申し上げます。ありがとうございました。


試合前










5回裏に1点


9回裏にも1点追加


一歩及ばず試合終了・ミーティング

ご声援ありがとうございました!