文字サイズ

ニュース

硬式野球部 〈2017 全国高校野球選手権 埼玉大会〉 ご声援ありがとうございました!

部活動News
   硬式野球部が、〈第99回 全国高校野球選手権 埼玉大会〉(県営大宮球場ほか)に出場し、花咲徳栄高校と対戦しました。
   
〈第99回 全国高校野球選手権 埼玉大会〉
準決勝
山村学園 1 – 11 花咲徳栄
(7回コールド)

準決勝
高校
花咲徳栄


11
山村学園
0



   準決勝は、2年連続で〈全国高校野球選手権 埼玉大会〉を制し、甲子園大会に出場している全国屈指の強豪校である花咲徳栄高校との対戦となりました。

   初回に先制され、3回に同点としますが、6回に1点を追加され、7回に大量点を失いコールドゲームで試合終了。
   6回までは互角の試合展開でしたが、7回の失点が試合を決定づけました。

   花咲徳栄高校とは、昨年の春季県大会 準決勝でも対戦しており、当時は 3 - 2 で惜しくも及びませんでした。
   今大会ではその時の反省も胸に初勝利を目指しましたが、強豪校の高い壁を崩すことはできませんでした。

   今大会の目標として掲げていたことは、「埼玉県の高校野球の勢力図を変えてみせる」ということでした。

   格上の相手でも全力でぶつかり、全員野球・一戦必勝の精神で勝利を収めて硬式野球部の存在感を高めていくという目標のもと、準決勝まで進むことができました。

   今回も、全国大会に常時出場している強豪校との実力差を痛感するところとなりましたが、この試合を通してさまざまな課題・克服するべき項目をつかむこともできました。
   この貴重な経験をもとにして、新チームは日々精進し、実力を高めていきます。

   3年生はこの試合が一区切りとなりましたが、156チームが出場した〈全国高校野球選手権 埼玉大会〉において創部初のベスト4という結果は、一人ひとりの心にかけがえのない想いを残したはずです。
   試合終了後の3年生の表情は、笑顔が目立っていました。

   今大会において、毎試合温かいご声援を送っていただきました皆さま、本当にありがとうございました。
   また、保護者の皆さまにも厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。
   大会関係者の皆さまにも大変お世話になりました。さまざまなご配慮をいただきましたことに深く感謝いたします。


試合開始


テレビ埼玉の取材









試合終了後


花咲徳栄高校 硬式野球部の健闘を祈ります
大会優勝そして甲子園に出場してください!



テレビ埼玉 リポーターの方と記念撮影

ご声援 ありがとうございました!