文字サイズ

見出し

指導重点目標

  1. 学習意欲を向上させ、自主自立の精神を養い、より豊かな人間性を身につけさせる指導を行う。特に自学自習の習慣化については個々の状況を踏まえ定着を図る。

  2. 生徒一人ひとりの能力や適性を生かした進路指導の実現を図るため、生徒の進路意識をさらに深化させる。1年次から大学一般受験を念頭に、一段高い進路実現に結びつける指導を行う。そのため、進路指導部と各学年との連携を密にする。

  3. 授業 • HR活動 • 学校行事 • 部活動 • 受験対策講座 • 資格取得など、本校教育活動全般にわたり、学力及び体力の向上を図り、きめ細かな指導により、生徒の達成感(成就感)を与える教育を行う。特に「7つの習慣J®」については組織的に取り組む。また、皆勤 • 精勤を奨励する。

  4. 生徒の心情をよく理解し、その実情を踏まえ、確かな常識を身につけさせる指導を行う。非社会的 • 反社会的行動の未然防止に努めるとともに、特に、挨拶の励行をはじめとして、本校生徒指導の根幹である「しつけ教育」について意を注ぐ。暴力やいじめは絶対に許さない。

  5. 生命を尊び、他を思いやる心 • 感動する心をもち、コミュニケーション能力 • 協調性など、たくましく生きるための力を身につけさせる指導を行う。全職員が教育相談技術を向上させてこれらの指導に当たるとともに、カウンセラーを配置し、より積極的な相談体制を確立する。

  6. 生涯にわたり心身ともに健康で充実した生活を送るための基礎として、環境に対する関心を高める。具体的には生活環境の美化や、施設の安全配慮を含め、『節約』など身近な視点からの生徒の意識を高める。

  7. 携帯電話やコンピューターなど、情報伝達手段について、正しい取り扱い方を身につけるよう指導する。

  8. 保護者会 • 三者面談 • 授業公開など、あらゆる機会をとらえて本校の教育方針や指導の重点目標を話題として取り上げ、保護者等と積極的な連携を図る。

  9. 保護者 • 中学校 • 塾 • 地域等との連携を深めるため、教育内容や教育活動の実践について一層透明性を高めるため、効果的な広報活動を強力に展開する。